きよみ


静岡県の果樹試験場で、みかんとトロビタオレンジを交配して作られました。皮はオレンジの感じとよく似ていますが、オレンジよりは剥きやすいぐらいで手で剥きやすいというほどではありません。そのため、ナイフを使い食べやすいようにカットしてお召し上がりください!4月~5月と、暖かくなりのどが渇くようになると、この水分の多いきよみは一番の人気のカンキツです。

●ミカン科ミカン属タンゴール類

清見は清見オレンジとも呼ばれ、静岡県にある果樹試験場(現在の果樹研究所カンキツ研究興津拠点)で、「宮内早生温州」と「トロビタオレンジ(みやがわわせ×トロビタオレンジ)」を交配して作られた国内初のタンゴール類の品種で、1979年6月に育成地近くの海岸、清見潟にちなんで命名登録されました。



●清見の特徴
清見の果実は200~250g前後で、黄橙色をしています。皮はオレンジの感じとよく似ていますがオレンジよりは剥きやすいと言う程度で、手で剥きやすいと言うほどではありません。果肉は種が少なく柔らかでとてもジューシーです。そのため、ナイフを使い、食べやすいようにクシ切りにして食べる方がいいでしょう。味はまさに温州みかんの味に、オレンジの香りといったところです。

●清見から新たな品種が生まれています
清見は日本で最初に作られたタンゴールですが、この清見をもとに「不知火(デコポン)」や「はるみ」「せとか」などが生まれました。

清見の出荷時期は 4月?5月末までになります。

詰め合わせる品種は下記のカレンダーを参考にしてください。

お問い合わせフォーム

住 所:

〒849-1601
佐賀県藤津郡太良町伊福甲331

電話番号:

0954-67-0631

お名前 (必須)

問題なければチェックを入れて送信してください。