クレメンティン


日本で温州みかんをよく食べるように、ヨーロッパではこのクレメンティンが良く食べられます。みかんのように皮を簡単に手でむいて食べられ、味も日本人好みです!

日本では珍しいこの「クレメンティン」というカンキツ、実はお父さんの従弟の田島彰一さん(私たちの集落の隣の谷の村に住んでる!)が長年のロマンの末、スペインの在日大使館から苗をとりよせたのが始まりです。もうかれこれ何年になるでしょうか。その田島さんから穂木を分けてもらい、果樹園みかんの木でも高接ぎをしたのが2012年ごろのことです。

大きさは、温州ミカンより小さいぐらい。 小さいほど甘くておいしいんですよ。
そのまま食べてももちろんナイスですが、ジュースに絞るとその香り甘さが際立ちます!
いろんな可能性を秘めたカンキツです!



5月に白い花が咲きます。収穫は、年末から年明け早々ぐらいになります。1月後半からのカンキツ詰合せの、大切な材料になります。また、年明け早々に甘熟みかんをジュースにしぼりますが、その時このクレメンティンを3割~4割混ぜます。そうすることによって、他にはない大変香りいい甘みの強いストレートジュースが出来上がります!ヨーロッパの香りがする、大切なカンキツです!!

クレメンティンの出荷時期は12月末?2月上旬までになります。

詰め合わせる品種は下記のカレンダーを参考にしてくださ。

お問い合わせフォーム

住 所:

〒849-1601
佐賀県藤津郡太良町伊福甲331

電話番号:

0954-67-0631

お名前 (必須)

問題なければチェックを入れて送信してください。